実は妊娠したら体臭がきつくなりやすい

実は妊娠したら体臭がきつくなりやすいです。妊娠と体臭の関係について。

気になる「わきが」、有効といわれている対策まとめ

   

「わきが」のニオイは気になるものです。

一般的に、日本人のうち10~15パーセントの人が「わきが体質」であると言われています。この数字を「多い」と感じるかもしれませんが、欧米人の場合、わきが体質の人は約70パーセントであると言われており、その数は、日本人の約7倍となっています。日本人の場合は、全体の人数に対して「わきが体質」の割合が非常に低いことから、よけいに周囲が気にする、という状況になっていると言われています。

汗は、汗腺という場所から分泌されています。その汗腺には、「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類があり、わきがの原因となっているのは、「アポクリン腺」から分泌される汗となっています。「エクリン腺」から出る汗は、ほぼ水でさらさらしているのに対して、「アポクリン腺」から出る汗は脂質やタンパク質を含んでおり、皮膚についた雑菌に分解されると、特有のにおいを発生させます。

つまり、においを防ぐためには、消臭や制汗も大切なのですが、まずは「汗を雑菌が分解しない」という環境を作るのが大切です。汗をかいた場合、こまめに拭き取り、清潔にしましょう。

さらに肉食を中心とした食生活の場合、わきがの体質を悪化させることがある、と言われています。なぜなら、肉に含まれている動物性の脂質が、アポクリン腺の働きを活発にするのだそうです。そのため、においの指摘を受けたり、気になる場合は、食生活の見直しを行うのも重要です。

さらに、脇毛の処理をしていない場合、脇の下が蒸れやすくなってしまうことから、わきがのにおいが拡散されやすいと言われています。そのため、もしも「わきが体質」である場合は、脇毛の処理をきちんと行うのも有効な対策のうちの1つです。

この「アポクリン腺」は手術によって除去することも可能です。しかし、その場合は入院が必要となり費用もかかります。また、「アポクリン腺」を除去すると、脇の下に傷跡が残ってしまいます。そのため、まずは手術以外のケアから試してみることをおすすめします。

 - 妊娠前