実は妊娠したら体臭がきつくなりやすい

実は妊娠したら体臭がきつくなりやすいです。妊娠と体臭の関係について。

妊娠初期の女性が葉酸を多く摂ったほうがよい理由とその方法とは

   

葉酸は、妊娠を希望している人や妊娠初期段階の人が多く摂ったほうがよい栄養素として広く知られていますが、

なぜその時期に摂取するのがよいのかをよく知らない人が増えてきていることも確かです。
周囲で葉酸が良いと言われているからサプリを飲んでいるとか、葉酸入りの飴やタブレットを食べているという人の意外と多いのです。

葉酸とはほうれん草の葉から発見されたことからその名がついたと言われています。
主な栄養素はビタミンMとビタミンBで、水溶性があります。

葉酸の主な働きは、体のたんぱく質や細胞が細胞が形成される段階で必要なDNAなどの核酸を合成するというとても重要なものです。
そのため、細胞分裂が活発である受精直後の胎児が正常な発育をしていくために非常に重要な栄養素なのです。

また葉酸には血液を作る働きがあるので、葉酸が不足すると貧血になってしまったり、
妊娠初期の女性が葉酸をあまりに摂取しないと、胎児に神経管閉鎖障害という神経管の発育が未熟になってしまう障害へのリスクが高まってしまう原因にもなります。

ここまでを聞くと、妊娠を希望している女性が葉酸に過敏になってしまう理由がよくわかるとは思いますが、
葉酸が含まれている食材はどのようなものなかを知って、バランスのよい食生活を送ればそこまで過敏になる必要もありません。

葉酸が多く含まれている食材は、ほうれん草やレバー、納豆、いちご、ブロッコリーなどで、緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

注意したいことは、葉酸には水溶性があるので水に溶けやすいことから、茹でてしまったり水につけてしまったりすると、どんどん水に溶けていってしまうということです。果物であればそのまま食べることができますが、野菜の場合は調理方法を工夫しないと、葉酸を摂取しようと思って食べていたのに実はほとんど出ていってしまっているということもあります。

きちんととれているか不安な場合はサプリメントなどで補うのもよいでしょう。

過剰にとってしまっても、不要な栄養素は血液中に流れて排出されていくので問題ありませんが、
サプリメントを大量に摂取するのはいいことではありませんので、容量を守って葉酸を摂取するようにしましょう。

 - 妊娠前