実は妊娠したら体臭がきつくなりやすい

実は妊娠したら体臭がきつくなりやすいです。妊娠と体臭の関係について。

ジャガイモは健康へどのように役立つのか

   

ジャガイモはなぜジャガイモと呼ばれるのでしょうか?

ジャガイモは江戸時代初期にオランダ船により伝わりましたが、その船が荷積みをした港がジャガダラだったからという説があります。さて、そんなジャガイモですが今ではすっかり私達の生活に根付いていますね。普段当たり前のように口に運んでいる野菜ですが、健康へどのように役立つのでしょうか。

アレルギー性の湿疹を治す

ジャガイモの主成分は炭水化物です。ですがビタミンB群のB1とナイアシンの他にビタミンCなどが豊富に含まれています。特にジャガイモのビタミンCはでんぷん質で保護され、加熱しても壊れにくい特徴があります。このビタミンCが持つ優れた抗酸化作用により湿疹などのアレルギー性皮膚炎に効果があります。

アレルギー性の喘息にも効果的で、しかも単に症状を治す事だけではなくて、アレルギー体質そのものを改善できるのがいいところです。カリウムもたくさん含んでいてジャガイモはカリウムの王様とも呼ばれています。ジャガイモはさらに体を強化する事により抵抗力も高めます。中でも胃腸の機能を高めるのに高い効果を発揮します。

したがって疲れがなかなか取れない、食欲がわかない、何をするにもやる気が起きないなどの全体倦怠感にも有効です。さらにはイチョウの炎症を抑える効果もあるので、胃が張ってむかむかしているとか、舌に白い苔が生えたり、腸の具合が良くなくて下痢を繰り返すという症状にも有効です。

膀胱炎にも効果がある

ジャガイモは豊富にカリウムを含んでいますが、カリウムは塩分を尿と一緒に体外へ排出して、高血圧を予防できます。その他には腎臓病、膀胱炎などで利尿薬を使用している人の治療効果も高めます。ジャガイモは味が淡泊ですからほとんどの野菜と相性が良いです。工夫次第では毎日食卓にのぼらせる事が出来ます。それにジャガイモは他のイモ類と比較するとカロリーが低い事から、油で揚げたりしない限り肥満を気にする必要がないところも女性には嬉しいですね。

 - 栄養